ペットとして大人気!猫の雑学と人気の理由とは

一昔前は家庭で飼うペットと言えば、代表的なのは犬でした。ここ最近は猫派の方が増え、一説によると一般家庭での飼育数が犬を上回ったそうです。確かに著名人や芸能人でも猫好きの方が目立つようになってきましたし、ブログやSNSなどにも猫の写真や成長記録を載せている方がこの数年で倍増したように感じます。

そんな猫の魅力というと見た目の愛らしさやキュートなしぐさはもちろんのことですが、自由気ままなその性格に惹かれる方も多いようですね。
犬は飼い主に対し忠実なのに比べ、飼い主を振り回すのが猫の魅力といったところでしょうか。
そう考えると犬派はS気質、猫派はM気質な方が多いような気がします。もちろんこれは個人的な感想ですが、当たらずとも遠からずではないでしょうか。

またここ数年猫がペットとして人気となっている理由の一つには、世話が容易ということも挙げられるかと思います。犬のように散歩の必要がなく、泣き声もそれほどうるさくはありません。
しつけさえすればトイレも勝手にしてくれますし、非常に飼いやすいですよね。このことから寂しさを紛らわせるために猫を飼い始める独身の方や高齢者もおられます。

ではここで猫に関するちょっとした雑学を紹介していきましょう。有名なものには三毛猫はオスが生まれにくいという話があります。
これは聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
なんとその確率はメス三万匹に対して一匹。
これは三毛猫の遺伝子の働きによるもので、染色体に異常が発生したときしかオスは生まれないのです。
そのため三毛猫のオスは貴重で、一匹数千万円で取引されることもあるのだとか。

他にも先ほど国内において猫の飼育数が犬を上回ったと触れましたが、世界的に見ても同様のことが言えます。比率で言うと猫は犬のおよそ倍の飼育数となっています。
その背景にはマンションやアパートのような集合住宅でも飼いやすいという住宅事情による理由が考えられるでしょう。

1月 30, 2019